騒音が気になるあなたへ 「慣れる」方法を教えます

マンション、アパートといった集合住宅の騒音問題は、実際に引っ越してからでないとわからないことが多いようです。
「理想的なマンションだと思ったのに、上の住人の足音や笑い声が気になる!」
「越してきた当初は静かだったのに、夏になったら隣のエアコンの室外機の音がうるさい!」
賃貸であれば、最悪引っ越すという選択肢がありますが、ローンを組んで購入した場合、簡単に売却して他の家を探す、というのは難しいですよね。

では、そういった騒音に慣れる方法はあるのでしょうか?
この記事では、環境の騒音に慣れる具体的な方法をご紹介していきます。

騒音に慣れる5つの方法

環境音楽や好きな音楽を流す

自分の部屋が静かだと、外部からの騒音が特に気になってしまうことがあります。
ですので、何らかの音を流すことで騒音に注意を向けにくくしてみましょう

自分のお気に入りの音楽を流して、リラックスするのもよいですね。
あるいは、ノイズの入った環境音楽もお勧めです。

ここでご紹介するのは睡眠用ですが、読書や作業の際に流すこともできます。

https://youtu.be/DKPl9OfkW5k

 

上の階の騒音に悩まされ
ノイローゼになりかけていましたが、
この動画に出会って
どうにか切り抜けられそうです(^^)

父のいびきがうるさすぎて
いびき 消す 音 で検索して探して正解でした

 

 

雨の音って本当に落ち着くよね…

この動画のお陰で熟睡出来てます(´ω`)

雨の強さと自然の音がいいですよね😀
ゆっくりしたい時に凄くリラックスできます😊

YOUTUBEにはこの他にもいろいろなリラックス音源がありますので、自分好みの音を探してみてください。

忙しくする、何かに夢中になって取り組む

特にやることもない状態だと、環境の様々なことに注意が向いてしまいがちです。
ですので、「騒音にイライラしている」と気が付いたら、じっと座って我慢をしているのではなく、立ち上がって何か作業をしてみるのもひとつです。

騒音を一つの「サイン」と考えて、身体を動かしてみましょう。
掃除機をかけたり、洗濯機を回し始める。
洗濯物を取り込んで、アイロンをかける・・・等です。

自分が打ち込める趣味に取り組むのもいいですね。
ゲームを始める。
ベランダに家庭菜園を作る。
新しいレシピにチャレンジしてみる。

何かに夢中になっていると、騒音が聞こえていても、意外と気にならなくなるものですよ。

被害者意識に浸らず、ポジティブに想像力を働かせる

騒音に対する感覚に個人差があるように、騒音に慣れやすい人と慣れにくい人がいます
慣れやすい=良い、慣れにくい=悪い、というわけではないので、誤解しないでいただきたいのですが・・・一般に、騒音トラブルが発生した時に、「なぜ自分がこんな迷惑受けないといけないんだ!」「音を出している隣家のやつが悪い!」のように、被害者意識を持っている人は、騒音に慣れることが難しいようです。

人は誰でも生活をしている際に音を立てます。
騒音トラブルに悩んでいる側であるあなた自身も、例外ではありません。

今、騒音の被害者になっているあなたがいつ加害者の立場に立つか、誰にもわからないのです。
また、騒音を出している側にも、それなりの事情があるのかもしれません。

被害者意識を持つと、どうしても感情的になり、それがイライラやストレスの原因になります。

難しいのは重々承知の上でお話ししています。
騒音に慣れるには、なるべく被害者意識を持たない様にしましょう。

そして、二階でドン!と音がしたら、
「二階の息子さんももう5歳か・・・元気な年ごろだなぁ」
とポジティブな想像力を働かせてみるのです。

なるべく外出する

これは実際には「慣れる」方法ではないのですが・・・
もし、騒音が気になってどうしようもないのであれば、外出する頻度を上げるのも一つです。

家で読書や勉強をすることが出来ないのであれば、近所のカフェや図書館を利用してみてください。
イライラするのなら、公園に散歩に行ってみましょう。

「外出したとしても、騒音が聞こえてくる事実は変わらない!」と思われるかもしれませんが・・・
気分転換を図ることで、騒音に関して以前よりもポジティブに考えられるようになるかもしれません。

耳栓を活用する

いくつかの解決策をお話ししてきましたが、どうしても騒音が気になって仕方がないけれど、外出できないこともあると思います。
そうした場合、適度に耳栓を活用してみてはどうでしょうか?

(耳栓もいいけれど、目覚まし時計が聞こえなくなるのは困ります。)

それはご心配なく。
完全遮音ではない耳栓も販売されています。

例えば、こちらの「Pealodic 耳栓」という商品ですが・・・

引用:amazon.co.jp

耳栓内には遮音値23dBのフィルターが内蔵されているため、騒音を完全に遮断するのではなく、軽減することができます。
眠時はもちろん、仕事や読書、勉強に集中したい時にも使えます。

当然ですが、「慣れる」にはある程度の時間が掛かりますので、特に騒音が耐えられないような場合は、耳栓を適度に利用して乗り切るのもお勧めです。

まとめ

騒音に悩まされている場合、その騒音の発生源に掛け合っても騒音がやまないケースの方が多くあります。
例えば、早朝の新聞配達のバイク音、隣の家のエアコンの室外機、子どもたちがはしゃぐ叫び声・・・
「せっかく購入した新居なのに、今さら出ていくなんてできない」と絶望する前に、こちらに紹介した「騒音に慣れるための5つの方法」を是非試してみてください。

福岡でおしゃれな物件を探すなら



「Sumulie(スムリエ)」では、物件バイヤーが実際に現地で取材を行い、豊富な室内写真と共に物件紹介ページを作成しています。また、リノベーションやデザイナーズマンションなど厳選された物件を紹介する不動産のセレクトショップで、おしゃれでこだわりのある物件がたくさん掲載されています。

「動物と暮らす」「料理好き向け」など、自分のライフスタイルに合わせた物件探しができるのもSumulie(スムリエ)の特徴です。ぜひ一度ご覧になってみてください。

スムリエはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です