騒音がうるさい隣人に匿名で苦情を訴える効果的な方法

マンションなどの集合住宅に住んでいると、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。特に近隣からの騒音トラブルは、ご近所トラブルの中でも上位を占めるほど問題になるケースが多いようです。

こちらの記事では、騒音がうるさい隣人に匿名で苦情を伝える効果的な方法についてまとめました。

騒音の苦情は手紙で訴えよう

折角手に入れたマンションなのに、近隣からの騒音に悩まされている…。そんなケースは少なくありません。しかし、いざ自分が騒音被害を受けた時、一体どうしたらいいのか悩みますよね。

そんな時、まずは管理会社に相談するのが良いのですが実際に相談された方はほとんどの場合、残念ながら「効果なし」との意見が多いのが事実です。

それというのも騒音を出している主に直接働きかけるのではなく大体はマンションの共有部分に「夜間は静かに…」など、ぼんやりとした文章が貼り出される程度で終わってしまうからです。

そんな時は、匿名の手紙を書いて相手に警告すると効き目があるようです。騒音を出している相手がどんな人物かわからない事が多いので匿名で訴えるというところがポイントです。

匿名で、ワードなどで文章を作成してプリントアウトします。本人のポストに直接投函する事ができるので、騒音主がまっとうな人間であれば何かの対策をとってくれるはずです。

騒音の苦情を手紙で書く時に注意する事

騒音主に手紙を書く時にはいくつか注意点があります。

イライラする気持ちを抑えて感情的にならず、落ち着いて伝えるようにしましょう。

例え匿名で誰が出したかわからない手紙にしても、赤字で一言「うるさい!」などと書きなぐってしまうのは逆効果です。相手も逆上して、さらに大きな音を立てられたら本末転倒となってしまいます。

手紙で伝えること

本当は騒音主に苦情を言いたいところですが、あくまでも「警告文」を書くと言うスタンスで文章を書き進めましょう。

まずは、以下の例文のようにどんな騒音に困っているかを具体的に伝えるようにしましょう。

「〇〇様、近所に住む者ですが、深夜のテレビゲームの音が外まで響いてきます。近隣住民への配慮をお願いします。」

「夕方、子供が走る足音」「早朝のテレビの音」など、具体的な騒音の内容を伝えるのも大切ですが、手紙を書いている私以外にも”近所全体が迷惑している”といったニュアンスを加えるのも効果的です。

また、文章の内容を簡潔に伝えることも大切です。

手紙はワープロで作成する

手紙を書く場合は手書きではなくワープロで作成するようにしましょう。「手紙」ではなく「警告文」なので機会的にワープロで作成するようにしましょう。

騒音の苦情は第三者の協力を得よう

1回の手紙で騒音が収まってくれればいいのですが、最初は気をつけていた騒音主も時間が経つとともにまた元に戻って騒音を出してくるといったケースもあります。

そんな時はもう一度、同じように警告の手紙を出す方法も効果的です。ところが、何度警告しても一向になおらない事もあります。

そんな時は、警告文の最後に「今後も〇〇騒音が止まない場合は警察、または管理会社等に通報させていただきます。」など、少し強めに注意喚起して第三者の介入を示唆するのも1つの方法です。

管理会社などの第三者に起こっている騒音トラブルを解消してもらう場合は、自分が苦情を出していることが騒音主にわからないようにしてもらうように一言伝えましょう。

騒音の苦情を直接訴えるのはリスクが大きい

同じ建物に住む住人にとって騒音トラブルは大きなストレスとなります。騒音主に直接口頭で訴えるのはさらに大きなトラブルになってしまう危険性があるので絶対に避けましょう。

福岡でおしゃれな物件を探すなら



「Sumulie(スムリエ)」では、物件バイヤーが実際に現地で取材を行い、豊富な室内写真と共に物件紹介ページを作成しています。また、リノベーションやデザイナーズマンションなど厳選された物件を紹介する不動産のセレクトショップで、おしゃれでこだわりのある物件がたくさん掲載されています。

「動物と暮らす」「料理好き向け」など、自分のライフスタイルに合わせた物件探しができるのもSumulie(スムリエ)の特徴です。ぜひ一度ご覧になってみてください。

スムリエはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です