待望の一人暮らし 騒音対策で引っ越し前に最低限確認しておく事とは

学校の進学や卒業後の就職、また単身赴任など様々な理由で一人暮らしを始めることになる方も多いと思います。
新しく始まる生活に対して、様々な感情を持って探す新居ですが出来れば住宅問題に巻き込まれずに住み心地の良い家に住みたいと思う気持ちはみなさん同じですよね。

いくつかある住宅問題の中で最も発生が多く解決が難しいと言われているのが騒音問題になります。
騒音には、同じアパートやマンション内で発生する騒音と、周辺施設からの騒音の2種類が存在しています。

そこで今回は、出来るだけ住宅トラブルの最大の敵である騒音問題に巻き込まれない為に、引っ越し前に周辺施設からの騒音に対すして最低限確認しておくべきポイントについてまとめていきます。

引っ越し前の確認ポイント

引っ越しをする前に出来るだけ確認しておいた方が良い点を、「立地条件」という観点から見ていきます。

今回のポイントは便利そうに見える施設も実は騒音問題の原因となっている事も少なくないので参考にしてみてください。

アパートがある立地条件

近くにあると騒音やその他住み心地が悪くなってしまう可能性がある物が周辺にないか確認しておきましょう。

・病院

病院は一見近くにあると何かあった時にすぐに駆けつけられて便利なのは間違いありません。なので中小規模の病院が近くにある物件は特に問題ありません。
あまり近くにない方が良いのが、救急搬送の受け入れを行っている様な大きな病院になります。
救急搬送を受け入れている病院は常に救急車での搬送を受け入れている為、夜中や明け方などの時間に関係なく、救急車のサイレンの音が鳴り響く恐れがあります。

・消防署、警察署

こちらも、病院と同じで緊急車両の出入りが発生した時には、サイレンの音が鳴り響きますのであまり近くにありすぎると、気になってしまう可能性が出て来ます。

・大学が近くにある(学生が多い地域)

大学が近くにあり、周りに大学生が多く住む地域は注意が必要です。

大学生は、在学中に20歳を超える為、飲酒が可能となり平日の夜中でもどんちゃん騒ぎを起こされる可能性があります。

また、麻雀などを夜通しやられて、麻雀牌をかき混ぜる音がうるさくて悩まされたという体験談もあります。

付近に大学があるのかや、部屋の上下左右に大学生が住んでいないかなどは確認しておいた方が良いポイントです。

・コンビニ

コンビニは一人暮らしをする上では絶対的に近くにあった方が便利なのですが、コンビニは基本24時間営業の為、24時間人出入りがなくなる事がないという事になります。

また夜中コンビニの前で大きい声で会話する人がいたり、エンジン音のうるさい車が買い物に来たりとどんな騒音に悩まされる事になるかがわかりません。

さらに大き目の駐車場を確保している場合はトラックの出入りも激しく騒音を受ける原因となりますので、そのあたりも確認しておくと良いでしょう。

問題はコンビニの真横など近すぎる場所は避けた方が良いかもしれません。

・サッカー場や野球場などのスタジアム

これはプロの試合が行われるスタジアムでなくても、付近にこのような施設がないかと、施設がある場合は利用される頻度をを確認しておくことも大事です。

毎週末に色々な団体が使っているとなると、週末に試合や大会が行われる可能性が高く、早朝からの騒音になってしまうることもあります。

・大きな道路に接していないか

あまり大きな道路日夜問わずに車の行き来が激しく騒音になります特に昼間にトラックが良く走る様な道の場合は、なるべく近くを避けた方が良いでしょう。

またその様な広くて走りやすい道は、暴走族などが好んで走る道になる為、夏の夜に騒音に悩まされる事もありますので注意が必要です。

・線路や駅に近すぎないか

まずは線路が近くにないかです。
こちらは、たぶん気にする人は多いと思いますが、線路が近くにあるという事は電車トップスピードでそこを通過する事になる為、かなりの騒音になる事を覚悟する必要があります。

そしても1つが駅近です。

例えば「駅から徒歩2分」と聞くと、ものすごく駅から近く立地条件が良いと思われがちですが、駅が近いという事は電車の音がその分聞こえるという事になります。

その駅を通る全ての電車が止まってくれれば、多少騒音は下がるかもしれませんが、急行や特急が通過する駅だと、線路沿いに住んで居る状況と変わらなくなります。

電車は休日に関係なく、始発から終電まで走り続けますので、あまり近すぎると騒音に悩まされる原因になってしまいますので、駅近の場合は同時に騒音も発生する認識を持っておきましょう。

まとめ

普段生活をする上で、近くにあった方が便利なコンビニや駅が実は近くに住みすぎると騒音で苦しむ原因となってしまう事があります。

周辺施設との距離感には注意して物件を選んだ方が良さそうです。

また、昼間と夜、平日と休日などで発生する騒音は変わって来ますので、出来れば昼と夜の2回は住む家の付近を散策してみる事をおすすめします。

福岡でおしゃれな物件を探すなら



「Sumulie(スムリエ)」では、物件バイヤーが実際に現地で取材を行い、豊富な室内写真と共に物件紹介ページを作成しています。また、リノベーションやデザイナーズマンションなど厳選された物件を紹介する不動産のセレクトショップで、おしゃれでこだわりのある物件がたくさん掲載されています。

「動物と暮らす」「料理好き向け」など、自分のライフスタイルに合わせた物件探しができるのもSumulie(スムリエ)の特徴です。ぜひ一度ご覧になってみてください。

スムリエはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です